副業

安月給サラリーマンがおすすめする副業ランキング! 【2019年版最新版】

悩む人
悩む人
会社の給料が安くて将来が不安…
今のうちに副業を始めたいけど、何から始めればいいか分からない…

この記事では、

・どんな副業があるのか丸わかり。
・それぞれの難易度から稼ぎやすさが分かります。

手軽に始められる副業ランキング

第1位ポイントサイト

稼いでいる人は月100万200万は当たり前のポイントサイト。

単純にポイントサイトに登録してから、会員登録やサイト経由の商品購入だけでももちろん稼げます。(スーパーのポイントのネット版的なもの)

もっと稼ぎたいのであれば、一時的ではありますがポイントサイトで無料案件の登録をしまくれば4万円程は稼ぐことが可能です。

それ以上の金額または継続的な報酬を得ることを目指すなら、自分のブログやサイト、SNSなどと連携させることでより多く稼ぐことが可能です。

第2位アンケートモニターサイト

お家にいながらアンケートに答えるだけで報酬がもらえる。その額がなんと高単価であれば500円
家事をしながら稼ぎたい主婦、主夫に大人気です。

また、モニターでは1日に6000円~12000円貰える案件も多数あり、試す価値ありです。

案件次第では、覆面で飲食店を調査しに行き、お店にばれないように自分がオーナーになった気持ちで評価を付けられます。

なんとも優越感に浸りながら食事ができます!!(食べた分はもちろんモニター代からなので、おいしいものも食べられて一石二鳥)

第3位クラウドソーシング

インターネットで副業と言ったらまず出てくるのがクラウドソーシング。

現場に行かずとも空いたすきま時間を有効活用できる効率的に稼げるやり方です。

具体的な内容は

・データ入力
・記事作成
・ロゴのデザイン
・キャッチコピーを考える 等々…。

本格的に始めれば副業も本業並みに稼げるチャンスありです。

第4位短期バイト

時間を売ってお金に換える代表格。

一番とっかかりやすく、行動に移せばすぐ稼ぐことができる副業はやはりアルバイト・パートですね。

本業以外で時間にある程度余裕があり、体力に自信があり、すぐ収入を増やしたいのであればこれに限ります。

良くも悪くも時間の切り売りとなるので、目標を決めて短期的にやることをおすすめします。

第5位治験ボランティア

今自分の体が健康的であれば治験ボランティアで稼ぐのもあり!

湿布的なものや、塗り薬的なもの、飲み薬的なものまで様々な種類の治験があり、長期になればあるほど高額で稼ぐことが可能。

1か月以上ともなると2、30万の案件もあります。

少し抵抗がある方は、治験を受けられるかどうか判断する健康診断だけでも2000円~5000円ほど貰える案件もある為、お試しでやってみるのもありです。

第6位セドリ(メルカリ、ヤフーオークション)

自分が要らない不用品をお金に換えることができる即金性の高い稼ぎ方です。

ツールとしてはメルカリやヤフオク、amazonマーケットプレイスなどがあります。
モノによってはすぐ売れていくので、コツをつかめば本業並みに稼ぐことも可能です。

第7位ネットショップの開業

セドリの延長としてネットショップ開業を考えるのもありです。

今や自分のお店をネットで持っているのは当たり前になってきました。多分周りの友達に聞いてみたら一人や二人もう始めている人がいるかもしれません。

海外や国内から自分がおすすめしたい商品を販売することが可能だけでなく、自分がデザインした商品を販売することもでき自由度が高いです。

第8位投資

投資といっても株式、仮想通貨、FX、不動産…と種類が多く分かりずらい。

その中で個人的に一番おすすめなのがFXです。

何よりも少額で始められ(海外口座からであれば1,2万からでも可能)、確実にスキルを身に着けていけば安定的に稼ぐことが可能になる投資であるからです。

今ある資産を複利で増やしていくことで効率的に稼ぐことが可能になります。

ただし、マイナスになるリスクもはらんでいるのでそこは注意が必要です。

第9位ブログ、アフィリエイト

気になる人
気になる人
少しでも文章を書くことに興味がある…
ついつい話しちゃう趣味がある…

という方はブログでのアフィリエイトで稼ぐのがおすすめ。

作業自体は簡単で、ブログを作成したページにアフィリエイトの広告を貼っていくだけ。
仕組みはブログに貼った広告を読者にクリックしてもらうことで、企業にとって有益となる為そこで報酬が発生。案件によって数十円から数万円の収益が出ます。

■サラリーマンが副業する上での注意点

まず自分の会社が副業がOKなのかを知る必要があります。
今の時代副業を良しとしない会社はだいぶ減りましたが、まだあるので注意が必要です。

また、サラリーマンの方であれば【副業の所得が1年間で20万を超えた場合】は確定申告をする必要が出てきます。

ここで重要なのが所得=売上-経費です。

売り上げが50万あったとしても、経費に35万かかっていれば所得は差し引き15万となるので確定申告は不要です。

そしてそして確定申告には2種類、青色申告と白色申告があります。

節税効果が高いのは青色申告で、場合によっては還付金としてお金が戻ってくることがあるのでおすすめです。

ここで注意が必要で、青色申告の場合、事前に青色申告承認申請書と開業届の提出が必要となっています。

■まとめ

どれについても共通して言えることは1つで、試行錯誤を繰り返しながらの継続力です。

特に時間労働ではない部類の稼ぎ方で、ポイントサイトやアフィリエイト、FXなどは日々やるべきことを継続することです。

これから大きな気になる種を育てる気持ちでまず1日、今日1日から始めてみましょう。

■転職を考える

悩む人
悩む人
今の仕事にやりがいを感じられない…
毎日同じ仕事のルーティンで詰まらない…
給料の限界が見えてきた…
給料が安すぎる…

もういっそのこと転職を考えてみるのはいかがでしょうか。

未経験からでも働ける業種は多種多様にあります。

特にIT人材。最近はITエンジニア不足が深刻であり、未経験からの人材を大量に募集しています。

少しでもプログラミングに興味があれば、IT業界への転職を考えてはいかがでしょうか。

転職を本気で考えている方向けのプログラミングスクール!【DMM WEBCAMP】